包茎を病院で治療する事が推奨されている理由とは?人には聞けない気になるアレコレ

そもそも包茎は治療しないとダメなの?

包茎をコンプレックスに感じている方の中には、日常生活に支障をきたす事がないといった点から治療せずに放置している方も多いですよね。しかし、包茎はデメリットが多い事から治療する事が推奨されています。代表的なデメリットとして、性病に感染するリスクが高い事や刺激に弱く早漏の原因になる事が挙げられますよね。それ以外にも、通気性が悪く細菌が繁殖しやすい状態となっているので、恥垢が溜まったり悪臭を放ちやすい事もデメリットなんですよ。

自宅で包茎治療は出来ないの?

病院での治療が推奨されている包茎ですが、インターネットや雑誌の広告で自宅で行える包茎治療商品も多く販売されていますよね。リーズナブルな価格や誰にも見られる事なく治療が出来るメリットがあるので気になっている方も少なくありません。しかし、慣れない包茎治療機器を使用して怪我をする方が多かったり、包茎の症状を緩和させる事が出来ても完治させられなかったりする商品も多いといった点に注意をする必要があるんですよ。

病院での治療のメリットって?

病院での包茎治療の最大のメリットは、安全に包茎を完治させる事が出来るといった点です。診察の際に患者の症状に合わせた適切な治療法を提示してもらえる事や医療機関なのでアフターケアも万全で安心して包茎治療に臨めますよね。また、最近では違和感のない綺麗な仕上がりに出来る治療法も多くあります。他の人に見られても包茎だった事がバレないのは大きなメリットですよね。ある程度の費用は必要になりますが、それ以上のメリットがある事から病院での治療が推奨されています。

包茎は、仮性、真正、カントンの三種に大別されます。後二者は手術をしないと、正常な性行為ができない可能性があります。