がんの治療はどんどん進歩!先進医療としての免疫療法!

他の治療と併用しやすい方法

がんの治療では、外科手術と抗がん剤治療が良く知られています。初期の場合は外科手術で取り除く方法が取られます。転移などがあるときは、抗がん剤などを使います。外科手術と抗がん剤は併用することがありますが、それ以外の治療との併用が難しいことがあります。先進医療の一つとして免疫療法があります。自分の血液などを採取して、免疫力を高めた状態で戻す方法です。自分の血液なので拒絶反応などもなく、他の治療と併用しやすい方法とされます。

自分の力を利用して治療する

がんといえば非常に怖いイメージがあります。なると大変だと思うでしょう。実際は誰にでもがんは発生し、今も持っているかもしれません。ただ、免疫細胞などが攻撃をしてくれるので、病的な状態になることは少ないです。免疫細胞の活動が弱まっていると、がんが力を持ち、どんどん大きくなる可能性があります。先端治療の免疫療法は、弱っている免疫細胞の力を強くする方法です。他人の臓器や薬を利用するのではなく、自分自身の力で治せる療法です。

がん細胞を狙い撃つ免疫を活性化

人の体には免疫力があり、病気やけがをしてもそれを自然に治癒する力を持っています。免疫力を構成する細胞には種類があり、それぞれ得意分野があります。がんの先進医療として免疫療法がありますが、主流なのは全身の免疫力を高める方法です。それに対して、新しい治療が登場しています。それは、がんに強い免疫細胞を強める方法です。がんに関係のない免疫力を高めるよりも効率的にがん細胞の攻撃力が高められます。治療効果をアップできます。

現在は様々ながん先端治療が研究され、実践されています。しかし、そのような治療を受けられる医療機関は限られています。